スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の足音?








浅間山にも雪

生島八島神社の紅葉

丸子八景

木曽


信州に帰ったおりに撮った写真です。。浅間山には、もう雪が、。。
スポンサーサイト

テーマ : 素敵な一日。
ジャンル : 日記

茶殻達人

☆お茶がらを食べる編
 1.水気を切り、かつおだしとめんつゆでおひたしに!意外なおいしさ?
2.そのまま炊き立てご飯に。

有効成分をしっかりとるには、10%以上混ぜて
☆お茶がらを使う編
1.消臭袋/水切り、電子レンジまたはフライパンで過熱して水気を飛ばす。
これを通気性のある小袋またはガーゼなどにいれ。下駄箱や靴の中、冷蔵庫などに。
2.シンクの掃除/ティパックなどにいりなら、そのまま汚れおとしに。油汚れにも効果的!
一度、ためしてみてもいいかな?

テーマ : いいもん見つけたーっ
ジャンル : 日記

ブルーヘブン

ブルーヘブン


ブルーヘブンはくすんだブルーの小ぶりの花が、咲きます!
生育がよく、知らない間に花をつけて、かわいい顔を見せてくれます。。ブルー系のばらがかなり好きですね。。もうひとつブルームーンというバラがあるのですが、まだ、こちらに持ってきて間もないので、花をつけてません。。お見せできないのが 残念!(;^^;)

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

ブラックティー

ブラックティー



一番最近といっても、今年の5月だったっけ?中野一本木公園のバラ祭りに行って、買ったもの。。本当はウララって言うバラがほしかったんだけど。。なかったので、この深い赤のブラックティーを買ったんです。。気に入ってるのはなにかって?うん、そうだねー 色がくすんでる赤だってことです。。生育のかなりよいみたい。。わたしのかわいいバラコレクションのひとつです!(^^)

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

飛騨川沿い

41号線を下呂。高山のほうに飛ばしていくと、それに沿うように飛騨川が流れている。。この川沿いの渓谷が素敵で、また飛ばしていってしまいました。。水のあるところの風景に引かれるわたしは、飛騨高山の水も、もらいにいってきました。。(^^)V 郡上のほうに曲がったらすぐです! この会社はこれから創業予定らしく、今は、無料で水を配布してます。。天然水に凝ってる方はどうぞ!






夕暮れ時のそらって、いろいろ変わって素敵! だけど、その一瞬が、撮れるかが、決め手だね。。







晴れ上がった空

夕焼け空

飛騨川にかかる赤い橋

激流?

橋のある風景

青い橋のある風景


テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

ミルテ(ハーブの一種?)

この植物はその香りゆえに、ハーブの一種としても数えられているらしいです。。
以下は本の引用です!ちょっと気になったので、調べてみました。。(^^)V
 南欧地方のような比較的温暖な場所に育つミルテの木は、1年を通して緑を保つ為、この木の原産地である南欧やギリシァなどでは「不死の象徴」ともされていました。
 ミルテの木や花はギリシァ神話の中にも登場することがあります。

 また、この花は古来より「愛の象徴」ともされていたので、欧州では、花嫁にミルテの花冠を被せる―という習慣もあるそうなのです。

 ミルテの「不死の象徴」という一面は、欧州でもボヘミア地方に伝えられているそうです。
 ボヘミアの方では、「再生」や「永遠の生命」を願って、ミルテの葉や花を葬儀に使うそうなのです…

 この花は「ミルテ」の他にも「マートル」「銀梅花」「祝いの木」などの名も持っています。

 また、この花にはこんな伝説が伝えられています。

 

 その昔、白魔法を学んだムーア人の騎士がいました。
 ムーア人騎士ルッジェーロはいつものように愛馬ヒポグリフとともに旅をしていたのですが、その途上で見知らぬ海岸に降り立つことになってしまったのです。
 騎士と馬は見知らぬ土地を内陸へと進み、とうとうひとつの庭園に出ました。
 この庭園には、今は滅多に人が来ないのでしょうか。かつては美しかったであろう庭には、荒廃の影がしのびよっているのがわかるのです。

 ルッジェーロとヒポグリフは庭園を歩き、泉のそばに来ました。
 騎士と馬は泉の澄んだ水で喉を潤すと、騎士は馬を手近にあったミルテの木につなぎ、剣帯から外した大剣を木にもたせかけると、木陰に腰をおろしたのです。
 不思議なことは起きたのはその時でした。
 彼と愛馬の他には誰も居ないはずの庭のどこかから、人の声が聞こえてくるのです。
「…いか!」
「誰だ。」
 ルッジェーロはあたりを見まわしましたが、やはり人の気配はどこにもありません。
「運命はわたしをこのような姿に変えただけでは足りないというのか!?
 人間に馬をつなぐとは無礼ではないか!」
 ルッジェーロがよく耳をすませてみると、人の声は意外なところから聞こえてくるのがわかりました。
 声はヒポグリフの手綱をつないであるミルテの木から聞こえているのです。
「これは無礼なことをした。
 わたしが犯した過ちをお許し願いたい。
 不躾だが、あなたがそのような姿になっている理由をお聞かせいただけないか?」
 手早く馬の手綱を木から解いて、剣を剣帯に結わえた騎士は、ミルテの木に詫びを言いました。
「…」
 ルッジェーロの訴えが木の心に届いたのでしょうか、香りのいい液が、ミルテの木の茶色い幹を伝い落ちたのです。それはあたかも、木が騎士の申し出に心を動かされたあまりに流した涙のようでもありました。
「―わたしはアストルフォと申します。そこくフランスでは勇猛さで知られてもおりました。
 わたしは、東方からの旅の帰途の途中でここに立ち寄ったのですが、この庭の女主でもある魔女アルシナの魔の手によってこのような姿に変えられてしまったのです。
 わたしに同行していた友人たちも同じ目に遭いました。
 旅の方、この土地にいればあなたも魔女アルシナに出会うやもしれません。
 その時は彼女に気をつけてください。魔女に見入られるようなことになれば、あなたにも我々と同じ運命が待っているのですから。」
「…」
 ルッジェーロは無言のままでアストルフォの話を聞いていました。

 庭園を出たルッジェーロは、そこで一人の美女に遭遇しました。
 貴婦人のような女性はルッジェーロが旅の途上にあることを知ると歓待を申し出て、彼を自分の住む瀟洒な屋敷に案内したのです。
 その美女こそ、アストルフォが話していた魔女アルシナでした。

 アルシナの屋敷に着いたルッジェーロはアルシナの歓待を受け、ふたりは美しい屋敷で楽しい日々を過ごしていました。
 しかし、唐突にその日々に終止符が打たれる時が来たのです。
 ある日魔女は、以前にも同じように歓待した騎士たちと同じように、その魔力でルッジェーロをも木に変えようとしたのです。
 しかし、過去に魔法を会得した騎士には、魔女の魔法は通じませんでした。
 危機を脱したルjッジェーロはアルシナを屋敷に封印するとその足で、姿を変えられたアストルフォのいる庭園へと向かい、彼の持つ白魔法の力で、糸杉やオリーヴ、椰子、ミルテなどの木に姿を変えられていた男性たちを解放しました。
 もとの姿に戻ることのできたアストルフォたちはルッジェーロに感謝の気持ちを伝えると、かれらの祖国へと向かいました。

 

テーマ : ちょいと聞いておくれよ
ジャンル : 日記

滝めぐり

わたしはとても水のある場所が好きです! だから、よく、滝を見に行くし、ダムのあるところにも行くし、海も大好きなんです。。なぜかはわからないけど、落ち着けるんだと思います。。最近、デジカメをいじっていて、偶然まったく、偶然、いい設定ができて、今のような、滝の写真を撮れるようになったんです。。だから、余計、滝を撮りたくなったわけです。。でも、また、ひとつ悩みですが、もっと、自分で見たとおりの感じに、デジカメに写し取ることができたらと思うこのごろです



石臼の中にはこんな世界が?水に浮かんだ落ち葉に光が差して、まるで、花が咲いたように輝いていました。

石畳に、落ちたもみじ一葉

あまりに雲がきれいでした。。夕暮れはみんな忙しそうに行き過ぎる。。







滝から流れた水は、大きな渦になったりして、しぶきがきれい







うすの中の世界
もみじ一色
夕暮れ時
岩屋遺跡
岩屋ダム近くの渓谷

細い滝と車輪
水しぶき
行者の滝
釜ヶ滝第3
1の滝、2の滝
滝を背景に
20051016191803.jpg

テーマ : いろんな風景
ジャンル : 写真

秋を彩る

今の時期、花刃どうしてるでしょう?花フェスタ記念公園では、秋祭りが開催中です!四季咲きのバラやハーブ、色とりどりの花が秋を彩っています!ぜひ、出かけてみてください!
















宝石のように赤い実

ブラックティー

つるのバラ(オレンジ)
褐色のばら

アゲアンタム

葉げいとう

コスモス

小菊

ミントの仲間?


テーマ : 癒される写真
ジャンル : 写真

ジュリア(茶色のバラ)

1001.jpg

中野一本木公園で、バラを見に行っては、買うようになりました。。
このバラはまた別の坂城町のバラを栽培し、小売もしているところで、気に入って、かって来ました。花が咲いて、最初はオレンジっぽいけど、どんどんくすんで、茶褐色に変わっていくんです。。その過程も大好きです。。この茶色っぽい色が、なぜかとてもいいんです。。

木工覚書そのいち

かなづちには一方が平らで、片方が丸いものがあるよね。。あれってどういう意味? ”あれはね、釘を打ちときは平らなほう使って、打ち込むときには、丸い出っ張ったほうをつかうんだよ””へーそうなんだ!”
かんなをうまく使う方法は?はじめに、かんなの刃の付け根(長いほう)のところ、紙一枚(0.3mm)をあらかじめ削っておくと、かんなをかけるとき、きれいに削れるんだって!

晩秋

雨の中、昔の記憶を頼りに、馬籠宿に言ってみました。。でも、幼いときの記憶は、イメージが先にたっていたようで、まったく違っていた。。どこなんだろー?石畳を上ったり降りたりしていた、むかしの旅人は、大変だったんではないかな?と。思ったり。。その場に立つと、そんな思いも感じて。。






小野の滝

女滝

男滝

馬籠宿

馬籠宿3 
馬籠宿4
雨にぬれた赤い実が秋を感じさせる

雨に打たれて。。
紅葉し始めたかえで


晩秋

また、竜吟の滝に気になっていた青い綿の木を見に出かけました。。
でも、残念なことにまだ、ちょっと、早かったようです。。
その帰り、駄知のどんぶり祭りに遭遇。。どんぶり会館も見てきました。。いいものあったよ!






綿の実、これから生まれる?

あけび

白い綿

食べごろだよ

ブルーデージー

武装した蛙

どんぶり

竜吟の滝(一の滝)

竜吟の滝(一の滝)

なもない滝

ひつじ草

彼岸花


プロフィール

うらら

Author:うらら
なんにでもトライしてます。
ドライブと写真、音楽はわたしには欠かすことのできないものです。。よろしく。。思い立ったら吉日!わたしのもっとうです!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。